マレーシア通貨 リンギットの推移を為替チャートで見るときのお勧めサイト

世界経済の動向に左右されやすい新興国マレーシアの通貨リンギット(MYR)。2016年は英国のEU離脱決定や米国大統領選挙のトランプ勝利を受けて1日で10%近くも為替が急変したこともあり、リンギットへの両替や海外送金、マレーシアへの海外旅行の際にはちょっとしたタイミングのずれで目減りしてしまうことがないよう注意しておきたい。

その際に役に立つのが、円とマレーシアリンギットの為替チャートを参考にしながら過去の為替レートと現在の推移を比較してみること。もし何らかの短期的な要因でレートが急変し、一時的にレートが悪いようであればしばらく様子を見たほうがよいだろう。

1.普段使いとしてお勧め:
Yahooファイナンスのチャート

グラフの表示が分かりやすいし、表示期間の変更も簡単。PCから(スマホは未対応)チャート部分をクリックすると「Interactive Chart」が表示され、さらに詳細のレート、各種インジケータをグラフ上に追加して比較することもできる。ちなみに2017年1月28日のリンギット・円レートは1リンギット=約26円となっている。

2.じっくり分析時にお勧め:
Investing.com

Yahoo Financeは10年分のデータしか参照できないが、もっと過去からの推移を見たい場合にお勧めなのがInvesting.com。1990年代からの円とリンギットの為替レートを参照することができる。長期的な視点でじっくり分析したい方におすすめしたい。

3.市中の両替所のレートを見たいときにおすすめ:
MY Money Master

最後に実際にクアラルンプール市内の両替所で取引されているリアルなレートを参照したいときにおすすめなのが、以前のブログ「約3年ぶりのリンギット安、マレーシア旅行やロングステイの好機に」でも紹介したMY Money Master Sdn Bhdのサイトで使用できるチャートだ。クアラルンプールで有名な両替所でもあるMY Money Masterのレートをオンラインでほぼリアルタイムに確認できる。

上の2つのサイトと違って、MY Money Masterのサイトでは1000円の売り買いに対するリンギット額を表示しているので注意。(下の画像の例では、両替所で1000円を両替すると、38.80リンギットになる。)

2017年も米国、EU、中国など世界各国の思惑や原油価格の変動、マレーシア国内の事情などで大きく為替レートが揺れ動く局面がありそうだ。そのような時には落ち着いて、これらのチャートを俯瞰的に観察するところから始めてみてはいかがだろうか。

Issued by 「マレーシア ソーシャルナビ 2017」

Issued by 「マレーシア ソーシャルナビ 2017」

フォローする

日本ブログ村
↓↓↓ ランキング参加しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ